Introduction

ここ数年,ジミ・ヘンドリックスの楽譜が雑誌に載らなかったのは, アラン・ダグラスとジミの家族との訴訟が続いていたからだ. 1997年に入って,ジミの家族がジミの遺産管理者となり, 権利関係も安定したようだ.ジミの新譜(!)も期待できるらしい.

車の名前をどうしても覚えられなかった僕が, ミュージシャンの名前を覚えはじめたのは1974年ころ. ロックをよく聞いている友達の影響で急にいろんなものを聞くようになった. ジミの名前が気になりだしたのは,雑誌のインタビューでいろんな人が 「ジミから影響をうけたぜ」と言っていたからだと思う. でもラジオではかかってなかったから, 僕にとってジミは実態のわからん「怪しい人」だった. レコード屋で見たジミのアルバムジャケットは ブットンでいて(多分"AXIS Bold as Love"を見つけたんだな) 中学生にはとても買う勇気がなかった. 渋谷陽一さんの番組ではじめて"Purple Haze"を聞いたときは 「なんじゃこりゃ」と思った. そのときいっしょにかかったシド・バレットの曲の方がよほどマトモに思った.

ジミヘンが素晴しいと初めて思ったのは 確か"In the West"を聞いたときだろうと思う. "Jonny B Good"にはまいった. でも実にコピーしにくいギターで曲はどれも謎音に満ちていた. 次に衝撃を受けたのは,ほんの数年前で,モンタレーのライブビデオを見たときだ. オープニングの"Killing Floor"はエネルギーに満ちあふれている. ノックアウトされた. なんでこの曲がビデオ以外で リリースされなかったのか全く理解に苦しむ.

ジミの版権がようやく決着ついて,CDも楽譜も続々と出始めた. 今日は,新しいジミヘンファンのためにも おすすめの音源などを紹介したいと思います. (December 1,1997)

【ちょっと訂正】
モンタレーでのキリングフロアーはCD「Kiss The Sky」でリリースされていました(2010.1.14)

AIRE TOP > JIMI HENDRIX | WWW | ビデオ | 録音 | 伝記 | 楽譜 | 雑誌 | BLOG |