JIMI HENDRIX ジミヘンドリックス

AIRE > JIMI HENDRIX TOP > BIOGRAPHY

Jimi Hendrix Gear: The Guitars, Amps & Effects That Revolutionized Rock 'n' Roll

Presented by amazon

Voyageur Pr
mixiでちょっと話題になっていた本です.2009年発刊.
ロジャーメイヤーがジミヘンドリックスの機材について語っている本と思ったら, 「はしがき」!?(^^;
ハリーシャピロがからんでるってことは一応オフィシャルなんでしょうが, なんか怪しげですね.でも読んでみたい.日本版も出るんでしょうね.きっと.
このサイトでも機材のページは作りたいんですよね〜♪ (2010.1.6)

日本語版出てました。なかなか不評のようです(><) (2017.4.2)

ジミ・ヘンドリックス レジェンド

Presented by amazon

小学館
小学館さんからメールをいただきました.なんかオマケが一杯の本のようです. (2008.10.26)

ジミヘンドリックス 鏡ばりの部屋

Presented by amazon

ブルース・インターアクションズ
原題"Room Full of Mirrors".2005年に出た時ブログで紹介したことがありました.日本版が出てました.しかし王様級の直訳タイトルですな(^^; はじめ何のことかわからんかったです.
原書が出たとき,軍隊をやめたいきさつが話題になっていました. 今までの伝記では1961年12月21日(私の誕生日(^^;)に降下訓練で足を骨折した,というのが定説だったんだけど,新しい伝記では,自分は同性愛者と言って除隊になるようもっていったんだとか. (2008.4.11)

ジミ・ヘンドリックス レコーディング・セッション 1963-1970

Presented by amazon

シンコーミュージック
"Setting The Record Straight"に続いてジョン・マクダーモットが出した超ヲタク本. 原版は1997年の出版.
エディクレイマーの協力により,いつジミがスタジオに入って,どんなことを やっていたのかということが延々と書いてあります. この本と,"First Rays of the New Rising Sun"と, 昔出た"Rainbow Bridge","The Cry of Love",その他アウトテイク集など を並べて, 「お〜この音は,実は69年に録音されていて,その後こうミックスされたのか」 などと発見の旅をしていると人生が飛んでいってしまうので注意. (June 5,2005)

JIMI HENDRIX エレクトリックジプシー

Presented by amazon

大栄出版
原題はJIMI HENDRIX Electric Gypsy. 日本版は1995年の出版です. ジミの生活が公私ともにぎっしり書かれている2冊組. (下巻はこちら) 本文もさることながらレコーディングやライブの記録資料が膨大です. 家系図もあり. (December 23,2004)

天才ジミ・ヘンドリックス−ギター革命児の真実

Presented by amazon

シンコーミュージック
原題はHENDRIX Setting The Record Straight.原版は1992年の出版です.
執筆にジミのエンジニアだったエディクレイマーが参加していて, ジミの人生や恋愛よりも音楽生活そのものが題材になっています.
小さいころはどうだったという話は全部省略されていて, お話しはエクスペリアンス結成からはじまり,彼の死後までも続きます.
それぞれのレコーディングやライブがどんな風に行われたのか 当時の音楽業界はどんなだったかが分かる内容になっています. ディスコグラフィでは,アルバム毎にコメントがついています. (December 23,2004)

クライベイビー

Presented by amazon

アップリンク
トニー・ブラウンのジミヘン語録本. インタビューをいったんバラして,テーマ別に再構成したものです. こういう本の作り方はとっても危険だと思うけれど,面白く読めました. もう評価が固まっているジミだからどう取り扱っても大丈夫なのかな.
イギリスに渡る前,アイク&ティナ・ターナー,リトル・リチャード, アイズレー・ブラザーズ,キング・カーティス,ジャッキー・ウィルソン,サム・クック, BBキング(ええっ!?)といったそうそうたる人達のバックでプレイしてたそうです. こりゃウマいわけだ. (December 23,2004)

ジミ・ヘンドリックスの生涯

Presented by amazon

シンコーミュージック
原題はJIMI HENDRIX A Visual Documentary His Life,Loves and Music. 日本版は1993年の出版です.
何年何月何日にどういうことがあったという書き方で全編とおした伝記です. これはもう「読み物」というより「資料」であり, これを隅々まで読むという人はかなりヲタクです. (December 23,2004)

実録 ジミヘン最後の日

Presented by amazon

シンコー・ミュージック
こういうタイトルは悪趣味だと思う.たしかにジミの伝記を初めて読むときは 1970年9月18日はどんな日だったのか興味があるわけだけど,別に華々しくも, 輝かしくも,スペクタクルでもない,ただ悲しいだけの出来事なのだから, そっとしておいて欲しい.このタイトルだけで心あるジミファンは離れていく.
それでも一応読んでみました.
原題はThe Final Days of Jimi Hendrix.原版は1997年の出版です. 著者はトニー・ブラウン.
8月27日にジミがイギリスに戻ってから,9月18日までにどういうことが あったのかを徹底的に調べたものです.
この本は,心やさしい人が働きすぎるとどうなるかということについての本です. 私は先日友人を亡くしたのですが,そのこととダブってしまいました.
また,この本はモニカ・ダンネマンの伝記でもあります.一部では悪者にされている彼女で, 著者も彼女に同情しつつ,その証言と行動は信頼していません. 矛盾に満ちた彼女の証言ですが,なにかとても共感できる部分があります. 人は常に論理的ではいられないということを感じます.
人生についていろいろ考えさせられる本です.でも,やっぱりジミの死については もうそっとしといて欲しいようにも思います. 続編が出ないことを祈ります.
この文章も矛盾してますね.