ジミヘンのように弾きたい!

ジミヘンのように弾きたい!

その4 HEY JOE 4度コード

ロックのリフを弾くときメロディに5度のハーモニーをつけて弾くパターンが多いですが, 5度の音をメロディより高くするか低くするかで サウンドがすごく変わってきます.
この例は5度を低く持ってきたものです. Van Halenの"Top Jimmy"でも,このサウンドが効果的に使われていました. 最近見たリッチーブラックモアのインタビューで,これを 「4度コード」と呼んでいたのでタイトルをこうしてみました.

弾き方

  1. 薬指で4弦の5フレットをおさえます.これがメロディ. 中指で5弦の5フレットをおさえます.これが5度のハーモニー.
  2. 2つの弦をいっしょに弾いたら(左の写真.演奏例では3フレットあたりからスライドさせてます) 6弦の開放弦を弾きます.これを2回.
  3. 同じ要領で薬指と中指のセットを4フレット,2フレットに移動させて 弾きます(右の写真).いい感じの音になりますか?

参考楽譜:バンドスコア「ジミ・ヘンドリクス − アーユーエクスペリエンスト?」

Exprience Hendrixになってからの楽譜はビックリするくらい細かく採ってあって, それ以前のスコアとはレベルが違います.かなり信頼できます.

次の曲を弾いてみる 次の曲は「その5 RED HOUSE チョーキングダウン」