ジミヘンのように弾きたい!

ジミヘンのように弾きたい!

その11 KILLING FLOOR 出だし

伝説的なステージと言われる、モンタレーポップフェスティバルでのオープニング曲。KILLING FLOOR 出だしの5拍分です。
歌が始まる前のイントロが26小節あるのですが、前半の12小節は、Aコード一発のカッティングです。このパートは更に3つのパターンに分かれていて、ひとつひとつに違ったニュアンスがつけてあります。だいたい150BPMくらいですが、疾走感が半端ないです。 全弦半音下げです。

KILLING FLOOR 出だし

弾き方

  1. 6-5弦は親指でミュート。3拍目のC音は薬指で押さえて、ちょこっとベンド(Q.C)します。
  2. 2小節目1拍に着地するまでが1フレーズです。2拍目でスタートして1拍目で終わるフレーズと感じると、躍動感が出ます。4回繰り返す中で指使いが微妙に違い、そこが魅力なのですが、とりあえず1パターンでグルーヴし続けることが出来ないと、楽しくないと思います。
  3. 2ヶ所出て来るプリングオフ(P)は、実は私のインチキで、モンタレーの音源ではピッキングされています。150BPMが楽勝になったら改めてチャレンジします(泣)
  4. この曲の奏法でよく書かれているのが、6弦のAや、5弦開放のAを鳴らしているという情報です。確かにところどころ鳴っていますが、とりあえずはミュートして演奏できるようにしてから、効果的なところだけに混ぜ込むのが良さそうです。むやみに鳴らすと、フレーズが重たくなります。
次の曲を弾いてみる 次の曲は「その1 HIGHWAY CHILEチョーキング」